KATHARINE HAMNETT

KATHARINE HAMNETT(キャサリン ハムネット)は1948年8月に生まれている。イギリスのケント州出身で、1969年にセントラル・セント・マーチンズを卒業し、1979年にKATHARINE HAMNETTを設立した。1982年にコットン・デザイナーズ・オブ・ザ・イヤー賞を受賞し、1984年にはイギリスのファッション協会からデザイナー・オブ・ザ・イヤー賞を授与している。この年に、日本で最初のライセンス契約を結んだ。1991年には『KATHARINE HAMNETT-The Moive』を製作し、主演はナオミ・キャンベル、監督はエレーン・ヴォン・アンワースである。1997年に2作目となる映画『Lost Luggage』の試写会を開催した。KATHARINE HAMNETTの特徴となるのは、コレクションに社会派と呼ばれるデザインの傾向が見られることにある。『世界平和を今』と題されたコレクションを展開し、これまで行われてきた綿栽培のする時に使われる農薬の危険に関する講演をニューヨークで開催したのである。また、綿栽培で利用される農薬に関する研究と教育についてのプログラム『Enviromental Cotton 2000』を立ち上げた。さらにエイズのチャリティー・イベントである『愛のキルト』にも参加している。キャサリン ハムネットのデザインには、イギリスの古風な雰囲気を醸し出しつつも、アバンギャルドで垢抜けた感じをも併せ持っている。常に人種や文化を越えた味付けを革新的に混ぜ合わせ、空軍に勤めていた父親と共に海外で幼い時代を過ごし、ミリタリー系のディテールや異文化に対する興味がこれまでのデザインに大きく影響を与えている。彼女の名を広めたのは反核や平和運動をプリントした、シンプルなスローガンTシャツであった。

おすすめ順  |  価格順  |  新着順

  • <
  • 1
  • >

1商品中 1〜1商品