MISSONI

1953年にオッタヴィオ・ミッソーニとロジータ・ミッソーニ夫妻が設立したイタリアのファッションブランド。二人はともに1921年生まれ。オッタヴィオは陸上競技の選手として1948年のロンドンオリンピックに出場し、イタリア選手団のユニフォームをデザインした。このときロジータと出会い、のちに結婚。二人はロジータの祖父が創業したニット工場を引き継ぎスポーツウェアの生産に着手。当時はエマニュエル・カーン、クリスチャーヌ・ベイリーというブランドとして販売したが1966年に「ミッソーニ」としてミラノコレクションにデビュー。色彩にこだわった独特の幾何学模様と上質な生地が高い評価を受ける。1973年にニーマン・マーカス賞を受賞。1983年にはスカラ座の舞台衣装もデザイン。1997年、オッタヴィオとロジータが引退し、彼らの子供が経営、デザインなどを引き継ぐ。1998年春夏コレクションから娘のアンジェラがミッソーニのクリエイティブ・ディレクターに就任。2009年、ミッソーニがインテリアデザインを手がけたホテルがエジンバラにオープン。孫娘のマルゲリータはミッソーニのブランドミューズとして活躍するだけでなく、NPO団体のイタリア支部代表として社会活動に取り組んでいることでも知られる。

おすすめ順  |  価格順  |  新着順

  • <
  • 1
  • >

3商品中 1〜3商品